APPマニュアル

コンピュータアシスタントマニュアル

クイックスタート

クイックスタート

中文

ネジを使用して開始します。T10H(右側の最初の列)は、ベースプレートのXNUMX本のネジを取り外します。

ドライバー:H2.5(XNUMX列目、右からXNUMX番目)を使用して、カセットの右上隅にあるネジを外します。

ドライバー:H2.5(XNUMX列目、右からXNUMX番目)を使用して、カセットの右上隅にあるネジを外します。

Inkscapeの使用方法

1.Inkscapeをダウンロードします

Windows
ダウンロードとインストール Inkscape1.0

Mac

  1. ダウンロードしてインストール XQuartz 最初(MacはXQuartzを使用してInkscapeを実行します)
  2. コンピュータを再起動します。
  3. ダウンロードしてインストール Inkscape1.0 、Inkscapeをアプリケーションフォルダに入れます(セキュリティとプライバシーのロックを解除するInkscapeに移動してください)
  4. ユーティリティフォルダを開き、[XQuartzを開く]をクリックします
  5. XQuartz(X11)の「設定」の「入力」に移動し、すべてのオプションのチェックを外します。

  6. 環境設定を閉じて再起動し、インストールを完了します。

  7. 初めてInkscapeを起動します(動作環境によっては起動に時間がかかる場合があり、数十秒かかる場合がありますので、しばらくお待ちください。)

 

2-1。 拡張機能をダウンロードする

 J Tech Photonics Laser Tool 1.0
この拡張機能は、ベクターパターンをGコードファイルに変換できます。
 

KM-レーザー-ハッチフィル1.0
この拡張機能はパターンを埋めることができます。
パターンが塗りつぶされていない場合は、この手順をスキップできます。

※パターンにはパスとフィリングのXNUMX種類があります。 例として星を取り上げます。
パスマップの彫刻効果:☆
塗りつぶされた地図の彫刻効果:★


インストール方法?


Windows

プラグインを解凍し、Cスロットのプログラムファイルのinkscape \ share \ inkscape \ extensionsフォルダーに配置します。
(ユーザーがインストールパスをDスロットまたは他の場所にインストールした場合、それはinkscapeフォルダー内のパスと同じになります)。

右クリック Mac アプリケーション/ Inkscapeで、「パッケージの内容を表示」をクリックし、
プラグインを解凍し、Content / Resources / share / inkscape / extensionsフォルダーに配置します。

Inkscapeを再起動します
[拡張機能]タブの[レーザーGコードとKMレーザーの生成]を参照してください。これは、インストールが成功したことを意味します。

モビライズ
 
 
 
 

モビライズ

から「インターフェース」タブに移動します 編集>設定 、[言語]メニューで必要な言語を選択し、インターフェイス言語を必要な言語に変更し、Inkscapeを閉じてから再度開き、設定した言語にします。

切削材料がある場合は、APPで画像をベクトルに変換する機能を使用するか、図面ファイルを直接gcodeに変換して、生産効率と精度を向上させてください。 Inkscapeは.svg.ai.cdrと互換性があります
1。 ダウンロード Cubiio2テンプレートA4 とオンにします。

2.グラフィックファイルを生成する方法は?

  • inkscapeで描画している場合 :参照してください  Inkscapeティーチング
  • 他の描画ソフトウェアで完成したファイルをインポートする場合 [ファイル]> [インポート] –ベクターファイル(.svg .ai .cdr)をインポートします(完成したファイルである必要があり、テキストがフレームに転送され、行が展開されます。)

3.サイズを設定します 
4.すべてのパターンを選択します 
5.パス> 変換 パスへのオブジェクト 
6.記入する必要がある場合は、拡張機能KMLaserを使用してください。 
7.ゴデを生成する  

  • [拡張機能]> [LaerGcodeの生成]> [J Tech Photonics LaserTool]をクリックします

    • パラメータの設定
      レーザーオンコマンド: M03
      レーザーオフコマンド: M05
      移動速度: 6000
      レーザー速度: 6000
      レーザーパワー: 255
      速度とエネルギーを最大値に設定し、処理中にAPPで調整することをお勧めします。
    • ディレクトリを設定する
      ディレクトリが必要です。そうでない場合、gcodeは生成されません。 
      Windows C; \ User \ your computer name \ Desktop
      Mac /ユーザー/コンピューター名/デスクトップ
  • ファイルの命名 
    1.デフォルトのファイル拡張子gcodeをtxtに変更します。
    2.「ファイル名にべき根を追加する」のチェックを外します。
    3.ファイル名には、英数字とアンダースコアを使用できます。 (Extension.TXT)
    4.「適用」を押すと、Gコードファイルが正常に生成されたことを示す爆発パターンが表示されます。 ウィンドウを閉じて、爆発を削除できます。

8.Gcodeをプレビューします

ウェブサイトを開く NCビューア Gコードファイルを左側のウィンドウにドラッグしてプレビューします。 このWebサイトは、ファイルの正確性を確認するために使用できます。

トラブルシューティング

–Wi-Fiが設定されていません

ソフトウェアのマニュアルを参照してください -接続設定 : 
設定>>マシン>> Cubiio2の追加>> シリアル番号を入力してください>>緑色のチェックマーク:接続は成功しています

-Wi-Fiは セッションに :

確認してください Wi-Fiの名前とパスワード 前回設定は 正しい。

本機の接続を確認し、原点に戻してください。

– ボトムカバーなし:
 手が水平であり(緑の原点が中央の位置にある)、XNUMXつのポイントが検出されていることを確認してください。 室内の光が十分であることを確認してください。それでもタブレットは検出されません。

 底部カバーが開いています: 
プレビューできません の底カバーが テスト版が開きます(手動カメラ機能は後で追加されます)。

プレビュー機能によって提供される彫刻位置には、 エラー of 1-3mm 手の角度とデバイスのバージョンによる 。 正確な彫刻を行うには、座標設定機能を使用することをお勧めします。カメラプレビューは補助的な位置合わせとして使用されます。

彫刻する前に、レーザーヘッドが原点に戻っていることを確認してください。

焦点距離とパラメータ入力が正しいことを確認してください(ソフトウェアマニュアルを参照してください) -パラメータ設定)